糖質制限をする上で、あなたがやってはいけない5つのこと Vol.5

糖質制限をする上で、あなたがやってはいけない5つのこと Vol.5

千葉県市川市の事務所より
健康的な毎日をサポート!宅配弁当アドバイザー 吉田です。

YouTubeで面白いものを探していると
お目当ての動画の前に
かならずCMが入ります。

いつもは5秒待って
即、スキップ。

でも、意外と面白いものもあって
半分くらいCMを見てしまった。
いつか自分もこんなのを作れたらいいなぁと
思っている自分がいます。
(失礼しました。本文とは全然関係ない話です(笑))

さて、今日は
『糖質制限をする上で、あなたがやってはいけない5つのこと』の5回目。
玄米はOKだと思ってはいけないという
お話しをさせてください。

糖質制限をするときにやってはいけないこととして
次の5つがありました。

***************************************************************

1.糖質を減らしただけでは不十分
2.豆系でたんぱく質を取ろうとする
3.糖質を制限しているのに、ぜんぜん痩せない理由
4.貧血の人はご注意を
5.玄米はOKだと思ってはいけない

***************************************************************
です。

5.玄米はOKだと思ってはいけない

玄米も炭水化物=糖質

糖質制限に取り組まれる方は
ほとんどの場合、体や健康への意識が
とても高いです。

そこで「炭水化物を摂るときには、白米より玄米が良い」と
考えていらっしゃる方も多いと思います。
玄米の方が、精製されている白米よりも
体への吸収率を遅いので
これならたくさん食べても良いのでは、、、
とイメージされている方もいます。

確かに玄米には良い点が多いです。
玄米には、ビタミンやミネラルが含まれていますし
確かに吸収スピードは、白米よりも遅いので
血糖値の急激な上昇は抑えられます。

糖質量はどうなのか?

炭水化物は糖質

では、玄米と白米で、肝心の糖質量はどうなのか?
というと、じつはあまり変わりがありません。

ほぼ同じなのです。

玄米の方が白米よりも
繊維質やビタミンやミネラルが多く含まれていることで
血糖値の上昇は緩やかになります。

でも、血糖値を下げるために分泌される
インスリンは
同じだけ必要です。

糖質制限食

つまり、内臓への負担は
同じだということです。

なので、糖質制限に取り組む際には
「玄米は、白米よりもちょっとだけマシ」という程度の
位置付けだと認識しておく必要があります。

いずれにしても
食べ過ぎたら何しても良くないので
腹八分目を心がけましょう。

—————————————————-

いかがだったでしょうか?
おしどりショップではヘルシーデリ 『糖質制限食』のご用意もあります。

【糖質制限 宅配弁当】 糖質オフのお食事