糖質制限中におこなう高タンパク食で体に起きる変化とは

糖質制限中におこなう高タンパク食で体に起きる変化とは

千葉県市川市の事務所より
健康的な毎日をサポート!宅配弁当アドバイザー 吉田です。

あっという間に一年が過ぎてしまった。

ブログ書いていると
いつも思うのだけど
反応が感じられないので
全然何かをやっているという手ごたえがない。

なにもせずに一年が終わる、、、
そんな気分。

ちょっと不安になりつつ、
今日もいきます。

***************************************************************

本日は
『糖質制限中におこなう高タンパク食で体に起きる変化とは』
です。

体重が減る

体重が減る

糖質を減らして、その分たんぱく質を多めに摂るようにしていると
標準体重を超えている人は
どんどん体重が減っていきます。

おまけに体が軽くなって
特に運動をしている訳でもないのに
調子が良いと感じられるようになります。

もちろん、自分の印象だけではありません。

実際に、肌のハリやつやも良くなるし
髪の毛もツヤも出てくる。

男性はもちろんですが
女性にとってはなお嬉しい現象が起きてきます。

よく眠れるようになる

睡眠

最近の神経科学の研究で
たんぱく質が眠りを促して
神経を休める働きがあることがわかっています。

「よく眠れるようになる」わけです。

このコラムでもずっと書いてきましたが
ランチもできるだけ
炭水化物を減らして、たんぱく質を摂るように
心がけると
午後から眠くなってしまう、、、
ということもなくなります。

そのほかにも
疲れにくい体になる
体温が高くなる(免疫力が上がる)
頭がスッキリする
傷の治りが早い

などなど、良いことがたくさんありますよ。

プロテインも活用しよう

たんぱく質をプロテインで補う

どうしてもたくさん食べられない人や
同僚とお付き合いでランチを食べるから
炭水化物が多くなる人は
プロテインを活用するのも一つの手です。

最近はドラッグストアなどでも
たくさんの種類が簡単に手に入るので
一度、試してみてください。

—————————————————-

いかがだったでしょうか?

これからもおしどりショップでは
皆さんにオススメの情報をお届けします。↓